自動車税、固定資産税を「au PAY」で支払うと1.5%以上還元でお得!

自動車税、固定資産税を「au PAY」で支払うと1.5%以上のポイントが戻ってくるのでお得 お金

こんにちはOABAB(@oabab_adm)です。

今日は税金の納付について、少しでもお得に支払う方法についてご紹介します。

OABAB
OABAB

自動車税や固定資産税の納付方法は、何を使っていますか?

毎年の自動車税や固定資産税などの税金の支払い、大きな負担だと思います。少しでもお得に税金の支払いをしたいけど、何でやれば?と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、2022年の分を支払なら、どんな決済サービスを使うとお得か、記事を書きました!

この記事はこんな人におすすめです
  • 自動車税や固定資産税の納付を少しでもお得にしたい人
  • 税金の支払いサービスで何がお得なのか知りたい人

自動車税や固定資産税を支払うなら、2022年4月時点は「au PAY」がおすすめ

毎年4月末から5月のGW明けにやってくるのは「自動車税」と「固定資産税」の納税通知書です。

通知書が来るたびに納税の負担が大きいなと感じるのですが、最近は支払い方法が様々選べるようになり、その選択によってお得に支払うことができます。

「au PAY」は納税金額の1.5%以上のPontaポイント戻ってくる

実際にOABABがそれぞれの納税金額とau PAYで支払った際のポイントは、

税金の種類納税金額au PAY支払いのポイント(率)
自動車税39,500円Pontaポイント合計592(1.5%)
固定資産税約140,000円Pontaポイント合計2,100(1.5%)
自動車税と固定資産税をau PAYで支払った際のポイントバック表

となり、ただ単に現金で支払うよりも、納税金額の1.5%分の2,700円弱のPontaポイントを受け取ることができる予定です。

2022年5月末までの自動車税の請求書支払いなら、さらにポイント獲得のチャンス

上記のポイント以外にも、抽選にはなりますが1万名にさらに1,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンをやっていますので、au PAYを自動車税の支払いに積極的に使ってもらいたいようです。

※参照:au PAYの自動車税支払いキャンペーンサイトより

自治体によっては対象外のケースもあり、事前にチェックを

上記のように自動車税や固定資産税を納める際に、au PAYが使えるかどうかは自治体によって異なります

ご自身の自治体が支払いの対象になっているかは、請求書支払いの対象一覧をチェックしましょう。

また自治体から送られてくる納税通知書にも、対応している支払い方法が記載されていますので、そちらに「au PAY」が記載されていたら大丈夫だと思います。

では、次に様々な納税方法がある中から、なぜau PAYがオススメなのかご紹介します。

「au PAY」が2022年4月時点だと税金のポイントバック率が1番高い

自動車税や固定資産税を支払う方法は様々あります。

それぞれの税金の納付方法と、そのポイントバック率をまとめてみました。

以前までは、nanaco(1.2%還元)で納付をしていたのですが、それ以上の還元率の納付方法が出てきています

自動車税や固定資産税の納付方法とその還元率

納付場所とその還元率の目安は以下の通り。※千葉県の場合

納付場所還元率補足
銀行や組合、市役所、県税事務所、ゆうちょ銀行、郵便局など0%
コンビニエンスストアなど0〜1.2% ※セブンイレブンでのnanaco支払い、リクルートカードによるチャージで1.2%
※nanacoでの税金の納付は、nanacoポイントの0.5%還元はされませんので、チャージによる還元のみとなります
クレジットカード2% ※※クレジットカードはシステム利用料がかかるので、実質の還元率は大幅に下がる
※例)千葉県、39,500円納付の場合は325円の手数料(0.82%分)分下がり、実質は「〜1.18%」
スマートフォン決済〜2.5% ※※au PAYでの請求書支払い、au PAY ゴールドカードによるチャージで2.5%
自動車税の納付場所一覧

2022年の税金納付方法は、スマートフォン決済が1番還元率が高くなっています

OABABは、2022年「au PAY(au PAYカードチャージ)」を使うことで1.5%の還元率で自動車税と固定資産税を支払うことができています。

スマートフォン決済ごとでの還元率の比較

スマートフォン決済サービスも複数ありますので、そちらの詳細をまとめておきます。

スマホ決済名還元率補足
PayPay1.0% ※※チャージ時のみ
税金は支払い時の還元はなし
d払い1.0% ※※チャージ時のみ
税金は支払い時の還元はなし
LINE Pay1.0% ※※チャージ時のみ
税金は支払い時の還元はなし
au PAY1.5% ※1
2.5% ※2
※1:au PAY カードによるチャージ
※2:au PAY ゴールドカードによるチャージ
※税金は支払い時の還元は+0.5%
スマホ決済ごとの請求書支払いの還元率一覧 2022年4月時点

スマホ決済の中では、au PAYがかなりお得な還元率になっています。

au PAYで自動車税と固定資産税を支払う手順

それでは具体的に au PAYでの支払い方法をご紹介していきます。

au PAYへのチャージするための事前準備

au PAYでの支払いのために、事前にクレジットカードやPontaカードを作る必要があります。

事前の準備

必要な手順は、

  1. Pontaカードを手に入れて、Web会員になる
  2. au PAYカードを作成する(au ID作成も)
  3. 1と2を紐付ける

が必要になります。

Pontaをまだお持ちでない方は、ローソン店舗やWebから申し込んで、ゲットしておきましょう。

また、au PAYへのチャージにはau PAYカードが必要になりますので、早めにカードを作成しておきましょう。カードは2種類あります。還元されるのはPontaポイントになり、ay PAYでの支払いに等倍で利用できます。

種類還元率年会費
au PAYカード1〜2%
※au PAYへのチャージは1%
初年度無料
次年度1回でも利用あれば無料、利用なしは1250円
au PAYゴールドカード1〜2%
※au PAYへのチャージは2%
11,000円(税込)
au PAYにチャージするためのクレジットカードの種類

au PAYゴールドカードのau PAYへのチャージ還元率2%は魅力的ではありますが、年会費11,000円はなかなかお高いので、au系列のスマホだったり、auひかりなどを利用していて、毎月1万位上を支払うau商圏メインの方はゴールドカードにするのが良いと思います。

OABABは、au商圏メインではないので、通常の「au PAYカード」を利用しています。

au PAYカードが手元に届いたら、au PAYアプリをダウンロードして、アプリを起動してクレジットカードを登録してチャージしておきましょう。

手元に税金支払いの通知が来たら、請求書支払いするだけ

毎年、4月末から5月頭にくる自動車税と固定資産税の通知書類が送られてきたら、請求書のバーコードをau PAYで読み取って支払いをすれば完了になります。

au PAY支払いで注意した方が良い人は車検が近い人

メリットの多いau PAY支払いですが、1点注意が必要です。

それは車検の期日が迫っている人になります。

スマホ決済やクレジットカード、モバイルレジ、ペイジーで支払った際には、納税証明書(領収書)が発行されません

現在は車検の際に自動車納税証明書の提示は省略できるようになっています。

しかし、税金を支払ってから運輸支局が納税結果を確認できるようになるのに、支払いから約1週間+2営業日必要となっているため、5月や6月に車検がある方は運輸支局で納税の確認が取れないスケジュールになる場合や、車検の代行会社での提示を求められるケースがあるので、事前に確認しておきましょう。

まとめ:お得に自動車税や固定資産税を支払いたい方は、スマホ決済を選択肢に入れましょう

いかがでしたでしょうか?長文にお付き合いいただきありがとうございます。

毎年の支払いが面倒な、自動車税や固定資産税の納付を少しでもお得にということでご紹介しました。

OABAB
OABAB

ちょっとでも、お得に感じてもらえると嬉しいです

おさらいすると、

  • 自動車税や固定資産税などの税金の納付はスマホ決済でポイント還元が可能
  • 2022年はスマホ決済の中だと、au PAYが還元率が高くオススメ
  • au PAYの支払いするためには、au PAYカードを作って、Ponta会員になり、Pontaで還元を受ける必要があります
  • ただし、車検が近い人は納税証明書(領収書)が発行されないので車検の依頼先に確認の上、スケジュールに注意しましょう

となりますので、高い税金を少しでもお得に支払うよう、お役に立てれたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。次回もお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました